最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

そして誰もいなくなった (クリスティー文庫)

  • 55 読みたい
  • 52 現在読んでいるもの

発行元 綾辻行人 .

    Download そして誰もいなくなった (クリスティー文庫) 本 Epub や Pdf 無料, そして誰もいなくなった (クリスティー文庫), オンラインで書籍をダウンロードする そして誰もいなくなった (クリスティー文庫) 無料で, 本の無料読書 そして誰もいなくなった (クリスティー文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 そして誰もいなくなった (クリスティー文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  アガサ クリスティー, 青木久惠
    • レーベル:  クリスティー文庫
    • 発売日:  2009年12月15日
    • 出版社:  早川書房
    • 商品番号:  4624151310805
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が……そして無気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺されてゆく! 強烈なサスペンスに彩られた最高傑作! 新訳決定版!

あなたも好きかもしれません

そして誰もいなくなった (クリスティー文庫) by 綾辻行人 ダウンロード PDF EPUB F2

今度、テレ朝系でドラマ化されるとの事で、原作を読んでから観ようと思い購入・・・
20数年ぶりに読み返しました。読んでいくうちに思い出すかなと思いましたが、すっかり忘れていて最初から最後まで興奮しながら一気に読めました。傑作と言われていますし、著者本人も好きな10作に選んでいるだけあって読み応え抜群です。
初めて読んだ頃はインディアン島だと記憶していましたが、近年は差別の観点から兵隊島に変更されているんですね。そうした調整も、時代が流れても愛される作品の証拠だと思います。