最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

猫なんかよんでもこない。その4

  • 3 読みたい
  • 33 現在読んでいるもの

発行元 杉作 .

    Download 猫なんかよんでもこない。その4 本 Epub や Pdf 無料, 猫なんかよんでもこない。その4, オンラインで書籍をダウンロードする 猫なんかよんでもこない。その4 無料で, 本の無料読書 猫なんかよんでもこない。その4オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 猫なんかよんでもこない。その4 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  杉作
    • レーベル:  コンペイトウ書房
    • シリーズ名:  猫なんかよんでもこない。
    • 発売日:  2014年12月10日
    • 出版社:  実業之日本社
    • 商品番号:  5591206973630
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    涙と笑顔の最終巻! ついに、「そのとき」がやってきた。チン子が生きた18年の命の輝きを、オレは見届ける。雪の日にアニキにひろわれた2匹の猫。ときには泣きながら、ときには笑いながら、オレたちはいつも一緒だった。クロが死に、オレは漫画家になり、結婚し、子どもが生まれ、生活も場所も変わったがオレとチン子の関係はずっと変わらなかった。そんなチン子とオレにとって、大きな変化がおとずれた。チン子はもう17歳。人間でいえば80歳を越え、オレも40歳を過ぎて鼻毛に白髪がまじるようになってきた。このままチン子がいなくなったらどうしよう。仕事も金もなにもなくオレにはチン子しかいなかった。チン子にたよっていたのはオレのほうだった。

あなたも好きかもしれません

猫なんかよんでもこない。その4 (コンペイトウ書房) by 杉作 ダウンロード PDF EPUB F2