最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

渋沢栄一の「論語講義」 (平凡社新書0546)

  • 30 読みたい
  • 41 現在読んでいるもの

発行元 渋沢 栄一 .

    Download 渋沢栄一の「論語講義」 (平凡社新書0546) 本 Epub や Pdf 無料, 渋沢栄一の「論語講義」 (平凡社新書0546), オンラインで書籍をダウンロードする 渋沢栄一の「論語講義」 (平凡社新書0546) 無料で, 本の無料読書 渋沢栄一の「論語講義」 (平凡社新書0546)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 渋沢栄一の「論語講義」 (平凡社新書0546) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  渋沢栄一, 守屋淳
    • レーベル:  平凡社新書
    • 発売日:  2019年04月19日
    • 出版社:  平凡社
    • 商品番号:  5591222878930
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    “経営の神様”ドラッカーにも大きな影響を与えた渋沢栄一。その経営の背骨に据えた『論語』を、自身の波乱万丈の体験と、西郷、伊藤、大久保ら、偉人の思い出とともに語る。名講義、復活!

    “経営の神様”といわれ、その死後も大きな支持を受けるドラッカー。彼が日本を研究した際に、「企業の在り方」について、大きな影響を受けたのが、「日本の資本主義の父」渋沢栄一であった。その渋沢が、経営の柱として、人生の羅針盤として、終生、手放さなかったのが『論語』である。本書は、最晩年に、幕末の志士、西郷隆盛、大隈重信、山県有朋や、慶喜など徳川家の人々の思い出とともに語り、書籍として刊行された『論語講義』の現代語訳。混迷を極める現代、顧みるべきは、日本の繁栄の礎と造った渋沢栄一と、2500年以上にわたって読み継がれてきた『論語』なのである。

あなたも好きかもしれません

渋沢栄一の「論語講義」 (平凡社新書) by 渋沢 栄一 ダウンロード PDF EPUB F2