最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

細胞とはなんだろう 「生命が宿る最小単位」のからくり (ブルーバックス)

  • 52 読みたい
  • 12 現在読んでいるもの

発行元 坂口志文 .

    Download 細胞とはなんだろう 「生命が宿る最小単位」のからくり (ブルーバックス) 本 Epub や Pdf 無料, 細胞とはなんだろう 「生命が宿る最小単位」のからくり (ブルーバックス), オンラインで書籍をダウンロードする 細胞とはなんだろう 「生命が宿る最小単位」のからくり (ブルーバックス) 無料で, 本の無料読書 細胞とはなんだろう 「生命が宿る最小単位」のからくり (ブルーバックス)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 細胞とはなんだろう 「生命が宿る最小単位」のからくり (ブルーバックス) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  武村政春
    • レーベル:  ブルーバックス
    • シリーズ名:  細胞とはなんだろう 「生命が宿る最小単位」のからくり
    • 発売日:  2020年10月20日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000119448
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    すべての生物の基本構成単位として、あたり前のようにとらえられている「細胞」。

    その細胞を、「生物ではない」けれど、「細胞への侵入が可能な存在」であるウイルスの視点から見つめ直すと、何が見えてくるのか?


    あたかも、ウイルスに侵入してくれと言わんばかりの構造をしている細胞膜。

    ウイルスに容易に乗っ取られてしまうタンパク質合成装置=リボソーム。

    ウイルスに瓜二つのエネルギー工場=ミトコンドリア。

    新型コロナウイルスにもまんまと利用される輸送システム=細胞内膜系。

    そして、細胞の“司令塔”たる細胞核にいたっては、ウイルスによって生み出された!?


    細胞の機能としくみ、その一生はなぜ、現在の私たちを構成するあのような細胞となったのか?

    そして、その進化の過程でウイルスが果たした役割とは?

    ──気鋭のウイルス学者が、「侵入者目線」で新たな細胞像を解き明かす、傑作サイエンスミステリー。

あなたも好きかもしれません

細胞とはなんだろう 「生命が宿る最小単位」のからくり (ブルーバックス) by 坂口志文 ダウンロード PDF EPUB F2