最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

なぜ仏像はハスの花の上に座っているのか 仏教と植物の切っても切れない66の関係 (幻冬舎新書)

  • 70 読みたい
  • 18 現在読んでいるもの

発行元 藤田一照┴山下良道 .

    Download なぜ仏像はハスの花の上に座っているのか 仏教と植物の切っても切れない66の関係 (幻冬舎新書) 本 Epub や Pdf 無料, なぜ仏像はハスの花の上に座っているのか 仏教と植物の切っても切れない66の関係 (幻冬舎新書), オンラインで書籍をダウンロードする なぜ仏像はハスの花の上に座っているのか 仏教と植物の切っても切れない66の関係 (幻冬舎新書) 無料で, 本の無料読書 なぜ仏像はハスの花の上に座っているのか 仏教と植物の切っても切れない66の関係 (幻冬舎新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 なぜ仏像はハスの花の上に座っているのか 仏教と植物の切っても切れない66の関係 (幻冬舎新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  稲垣栄洋
    • レーベル:  幻冬舎新書
    • 発売日:  2015年04月24日
    • 出版社:  幻冬舎
    • 商品番号:  4380000402398
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    不浄である泥の中から茎を伸ばし、清浄な花を咲かせるハスは、仏教が理想とするあり方。極楽浄土に最もふさわしい花とされる。このように仏教ではさまざまな教義が植物に喩えて説かれ、寺や墓のまわりも仏教が尊ぶ植物で溢れている。球根が土砂崩れを防ぐ特性から墓地を守る花として重宝されたマンジュシャゲ、疫病を避ける物質を持つため鬼門に植えられるナンテン、神聖な花の象徴であり寿命が長いために墓に供えられるキク。人気植物学者が、仏教が理想とした植物の生きる知恵を楽しく解説。植物と仏教の新たな魅力がわかる一冊。

あなたも好きかもしれません

なぜ仏像はハスの花の上に座っているのか 仏教と植物の切っても切れない66の関係 (幻冬舎新書) by 藤田一照┴山下良道 ダウンロード PDF EPUB F2

釈迦が生まれた時には無憂樹が咲き誇っており、出家したのは菩提樹の木の下。更に沙羅双樹の木の間に横たわり、入滅した。仏像はハスの花の上に座っているし、お彼岸の頃には墓地の近くに彼岸花(曼珠沙華)が咲いている。このように、植物と仏教には深い関係がある。ではなぜ植物と仏教は深い関係にあるのか。
仏教では植物の生き方を1つの理想と考えているからだ。植物は思い悩んだりすることなく、あるがままの環境で精一杯花を咲かせ、散っていく。自分の一生を無心に全うする。煩悩を断ち切り、悟りを開くことを理想とする仏教では、植物の生き方が1つの理想であることは理解できる気がする。しかし、植物は無心であるだけでなく、意外にしたたかだ。
植物は自らは動けないので、花を咲かせて昆虫をおびき寄せ、昆虫に花粉をつけて別の花へ花粉を運ばせ受粉を行う。花の色は昆虫に目立たせるためであり、花の形は昆虫に花粉をつけやすいように工夫されている。その巧妙さには嘆息するばかりだ。人は前を向いて生きていく必要があるが、植物のように空を見上げることも時には大切なように思う。